トップ   >   採用情報   >   所員メッセージ|小島敏之

新しい組織の、みらいをつくる。そんな毎日にワクワクしています。

日々の業務を正確な仕事で支える。

大学では英文学を学んでいて就職活動でも英語が活かせる職場を探していました。見つけたのが特許事務所。それが、この業界に飛び込んだキッカケ。正直、当時は特許のことも知的財産についても、ほとんど理解していませんでした(笑)それから、事務畑一筋です。みなとみらい特許事務所においても、事務管理グループの責任者を任せてもらっています。事務管理という仕事を一言で説明すると、特許事務所における専門的な法律や技術に関する業務以外の全て。例えば、弁理士が新しい特許を申請するときに明細書という技術法律文書を作成するのですが、それだけでそのまま特許庁へ提出できるわけではありません。それを決められた書式に則って整え、提出していきます。他にも、契約書やお客様への報告書の作成など、書類に関する業務がかなりの割合を占めます。

小島敏之1元々、特許事務所という存在そのものがお客様の事業を知財面からサポートする黒子役なのですが、その中で、さらに支える黒子役が私たち事務管理スタッフです。地味な仕事に見えるかもしれませんが、繁忙期ともなれば膨大な書類を処理する必要がありますし、業務全体に随所に関わるポジションだからこそ、私たちの働きにスムーズな事務所運営がかかっています。また書類の提出先というのが官公庁ということもあって日付ひとつ番号ひとつでも、間違いは許されません。正確かつスピーディーに仕事を進めていくことが求められます。だからこそ、この仕事に向いているのは細かい作業が得意な方や几帳面な方かもしれませんね。仕事を通して高い事務処理能力だけでなく、知財という特殊な分野における専門性を身につけることができるはず。もちろん私のように語学力を活用し、さらに磨きをかけていきたいという方にもピッタリだと思いますよ。

 

みらいの特許事務所のあり方を模索する。

私がこの事務所に入所したのは、辻田所長に誘われたのがキッカケ。そのオファーを受けようと思ったのは、立ち上げたばかりの新しい事務所というフェーズに大きな可能性を感じたのが一番、大きかったですね。当時、大手の特許事務所に所属していたのですが、良くも悪くも完成された組織ということもあって業務もルーチンワーク的。その中で、立ち上げられたばかりの事務所でこれまでの私の経験を活かしながら業務のスキームをつくっていけるという環境に強い魅力を感じました。それに実は私が最初に就職した大手の特許事務所で、辻田所長とは同僚だったんです。その当時から非常に仕事熱心で真面目な方だったので、安心して飛び込むことができました。あと横浜生まれだったので、地元ではたらけるというのもありがたかったですね(笑)私がこの業界に入った十数年以上前と比べても、知的財産権という考え方そのものが普及しているのを肌で実感しています。

小島敏之2知財を取り巻く環境が変わる中で、中小企業や個人事業主に向けたサービスを主軸に展開するという新しい特許事務所のあり方を模索していくのは面白く、非常にやりがいがありますね。まずは地元横浜のお客様に愛されるような特許事務所を目指していきたいと思っています。また会社の人事制度や各種教育制度、様々なルールなどの決定に携われるのも、この規模ならではだと思います。不満があれば、自ら手を挙げて変えていけるというのは、以前の職場にはない喜び。若手が活躍する当事務所では、ベテランの立場になるので働きやすい環境づくりを主導していければと思っています。特に所長が女性なので、産休や育休の整備はもちろんのこと、育児と両立できるような新しいはたらき方の導入などには積極的に取り組んでいきたいですね。