トップ   >   採用情報   >   所員メッセージ|久野恭兵

知的財産権を、もっと身近に!私たちの冒険は、はじまったばかりです。

想像以上に広かった、仕事のフィールド。

大学では法学部に所属していました。ただ友達の多くが弁護士や司法書士を目指していて、弁理士志望だった私は少数派でしたね。なぜ私が弁理士という道を選んだかというと、弁護士や司法書士と比べて企業と仕事をする機会が多いという点が大きいです。もともと知的財産を扱う弁理士の世界には興味があったんですよね。とは言っても、かなり難しい資格ということもありまず、弁理士の資格を扱う大手資格予備校に就職。そこで講師や教材の企画・制作に携わりながら、弁理士資格の勉強を続けていました。そして念願かなって、弁理士資格を取得。資格を取ったなら、ちゃんと弁理士として働きたいと思いここに入所しました。

久野 恭兵1みなとみらい特許事務所に決めたのは、とにかく雰囲気が良かったから。他の特許事務所で働いたこともあったのですが、何と言うかとっても静かなんです。所員同士のコミュニケーションがほとんどない。やるべきことが分かっているベテランが多いからだと思うのですが、あまり自分には合わないなと思いました。同じ資格取得者から話を聞いてみても多くの事務所が、そのような雰囲気が多いと聞いたのですが、ここは若手が多いせいか非常に明るくコミュニケーションも活発な印象でした。
そんな雰囲気の良さは入所して3年経つ今、より強く実感しています。現在は、弁理士として主に商標に関わる仕事を担当。いざ働いてみると、ひたすら書類をつくっているようなイメージだったのですが、実際はもっとアクティブ。お客様に訪問していただいて打ち合わせをしたり、こちらからオフィスにお邪魔したり。対外的な業務も少なくありません。
少し珍しい業務としては税関と関わる業務も行っています。お客様のブランドを侵害する貨物、分かりやすく言えばニセモノが入ってきた時に侵害品を国内に入れないための手続きなどを行っていきます。

 

知的財産権を、もっと当たり前に。

知的財産権という言葉自体、ほとんど聞いたことがない方も多いと思うのですが、実は法律上はかなり強い権利なんです。そして意外なほど普通の生活に身近な存在。にも関わらず、あまり知られているとは言えません。私も仕事の中でお客様の商標などを侵害(勝手に同じブランド名をつかっていたり)している企業や個人に連絡や警告を行うのですが、そもそも何が悪いのか、何を指摘されているのか分からないというケースが少なくないんです。その一方でインターネットの発達と共に、これまでなら例えば地元の人にしか知られていなかったお店の情報がWEB上などで紹介される機会が多くなると共に商標のトラブルが、近年では増えつつあります。正しい知識がないと、驚くようなトラブルに巻き込まれてしまうことも少なくありません。美容院の店名の商標を他社に取られてしまって、看板を一晩で変更しなければならなくなったというような事例も聞いたことがあります。

久野 恭兵2だからこそ専門家として、この知的財産権というものをもっともっと当たり前のモノにしていくことが私たち、弁理士の使命の一つだと思っています。その取り組みの一つとして、みなとみらい事務所では、商標登録代理サービスを一般的な価格よりも、リーズナブルに提供することで中小企業や個人事業主の方にご利用していただきやすい努力をしています。その結果、2014年に商標登録代理件数において国内トップの実績を残すことができました。特許事務所を活用するハードルを下げる事で、知的財産権をより身近なものに感じていただくことが狙い。知財に関する正しい知識や認識を広めて、誰もが有効に活用できる社会を実現していく。その一端を担う事ができているのは大きなやりがいです。また実は弁理士として働く場としても大きなメリットがあります。それだけの数の商標登録に関われるわけですから、積める経験値も豊富。よりスピーディーに成長することができるのです。数年ごとに事務所を変わったりというのが一般的な業界であり、また資格を持っている私にとっては独立という選択も可能ですが、私としては、このみなとみらい特許事務所で活躍し100人、200人規模へ成長する一翼を担っていきたいと考えています。