トップ   >   サービス案内   >   目的別ご提案   >   ちょっとしたアイディアを有効に保護したい

ちょっとしたアイディアを有効に保護したい

アイディア商品の権利をおさえたい!という、個人の方、個人事業主の方へ

  • 特許にするかどうか、判断を迷っている
  • 特許と実用新案の違いがわからない

といったお悩みをお持ちではありませんか。

みなとみらい特許事務所では、実用新案についての無料相談をご用意しております。

  • アイディア商品の扱いの相談
  • 特許にするべきか、実用新案でよいのかのご相談

など、お困りの内容をご連絡ください。
適切なアドバイスをさせていただいております。

 

実用新案権とは

実用新案権は、産業の発達に寄与する考案(発明より簡素なアイディア)を公開した者に対し、その公開の代償として、一定の条件の下実用新案登録出願の日から10年間与えられる、考案の実施を独占できる権利です。

実用新案権者は、その考案に関する製品を独占的に製造、販売したり、他人に製造、販売のライセンスを与えたりすることができます。

実用新案権を取得するまでの手続きの流れ

実用新案権は、実用新案登録請求の範囲、考案の詳細な説明を記載した明細書などの書類を特許庁へ提出し、登録料を納付することにより付与されます。特許出願のように審査を受ける必要はありません。

無料相談 考案の内容、その考案の事業における位置付けについて、ヒアリングし、意見交換します。
service2-Flow1-3.gif 実用新案登録出願に必要な各書類のドラフトを作成します。
ドラフトを基にお客様と話し合いながら、出願書類を仕上げます。
service2-Flow1-4.gif 特許庁に出願書類を提出し、登録料を納付することにより、 実用新案権が発生します。

 

無料相談ボタン

 

バイオ分野での特許出願をお考えの方へ サービス案内 商標登録を検討されている方へ