トップ   >   所員紹介   >   辻田 朋子 所長弁理士

所長:辻田朋子

資    格

弁理士・特定侵害訴訟代理人

専門分野

特許:化学、医薬、バイオテクノロジー、化粧品、食品、有機材料、高分子材料、医療機器、診断機器、ソフトウェア、ビジネスモデル
商標、契約、知財教育

経    歴

  • 2005              弁理士登録
  • 2005 - 2010    特許事務所勤務(東京)
  • 2010            みなとみらい特許事務所設立
  • 2010 - 現在   みなとみらい特許事務所

学    歴

お茶の水女子大学 理学部 生物学科

所    属

  • 日本弁理士会
  • APAA(アジア弁理士会)
  • AIPPI(国際知的財産保護協会)
  • INTA (International Trademark Association)
  • 日本食品・バイオ知的財産権センター

講    師

  • 2011年 よこはまバイオナウ「企業の特許戦略」
  • 2011年 中小企業経営者向け商標セミナー
  • 2012年 横浜モーニングビジネスセミナー「企業の特許戦略」
  • 2012-2013年 福岡県糸島市地域ブランドセミナー
  • 2013, 2016年 お茶の水女子大学 非常勤講師
所長:辻田朋子

趣    味

ひと昔前は、ギターやヨガが趣味でしたが、最近は趣味を楽しむ時間と心の余裕がありません。
もし時間ができたらやってみたい事は、園芸、おもてなし料理、ワインの勉強。

メッセージ

大学の専攻がバイオテクノロジーであったことから、これまで主に医薬、化粧品、食品等の化学・バイオ分野の特許案件を専門的に扱ってきました。
また、みなとみらい特許事務所の設立以降は、元々の専門分野に加え、多数のIT系企業のアプリケーションソフトウェアの特許出願や商標登録に携わってきました。
仕事において大切にしていることは、お客様の規模、業種、事業ステージに合った知財戦略を提案すること、お客様が納得して知的財産戦略を実践できるように分かりやすく説明することです。
また、人生の折り返し地点が見えてきた今、密かに抱いている夢は、知的財産の尊さ、知的財産を保護することの大切さを子供たちに伝える活動をすることです。

弁理士・スタッフへの相談/問い合せはこちら

吉岡 亜由美 みなとみらい特許事務所 萩原 雄太