1. トップ
  2. 意匠登録 | みなとみらい特許事務所
  • 意匠登録

    2018.11.28サービスカテゴリー: 国内

    意匠登録率90%以上
    中小・スタートアップ企業様の支援実績700
    件以上!

    ※2019年~2021年10月

    自社商品を模倣から守る、そのためにデザインを保護する。
    意匠登録を初めてご検討の方、新しい事務所をお探しの方、ぜひ一度ご相談くださいませ!
    意匠出願の戦略のご提案は無料!
    意匠登録出願8万円~!
    料金表はこちら

    このようなお悩み不安はありますでしょうか?

    ・自社商品について、模倣を防ぎたい。
    中小企業やスタートアップ企業にとって、意匠登録の必要性があるか、意匠登録できる可能性がどのくらいあるのかわからない。

    ・中小企業やスタートアップ企業であり、初めての経験なので、相談しながら進めていきたい。
    無料相談であっても親身に対応してくれるか不安。

    ・会社として、意匠登録についての知識があまりない。
    費用対効果を考慮した、自社にあった最適な意匠登録の方法を検討したい。

     

    みなとみらい特許事務所へご相談ください!

    私たちは事務所設立当初より、意匠出願サービスにて、
    中小・スタートアップ企業様の自社商品を模倣から守るお手伝いをしてまいりました。
    商品の特徴のほか、販売展開の予定、貴社の予算などについても丁寧にお話を伺い、
    これまでの経験を活かして、意匠の専門家として貴社に最適な出願のご提案をいたします。

     

    みなとみらい特許事務所の意匠登録出願サービス

    意匠出願サービス3つの特徴

    弁理士と意匠技術スタッフがチームで対応!

    意匠法、知的財産権の法律の専門家である弁理士と、商品デザイン、つまり意匠設計についての専門家である意匠技術スタッフがチームとなって対応いたします。
    弊所には、意匠設計を専門に学んだ技術スタッフが在籍しているため、お客様の意匠の特徴や、意匠の製作過程のどこに工夫や困難があったのかなどを客観的に把握することができます。

    出願時には、意匠技術スタッフがお客様の意匠について、従来の製品と比べてどこに特徴があるのかを的確に特定し、経験豊富な弁理士による法律的な視点を踏まえて、費用対効果の高い最適な出願方法をご提案します。

    意匠出願には、商品デザインのうち特徴的な部分のみについて保護を求める部分意匠制度や、一つのデザインコンセプトに基づいた類似する意匠を束で保護する関連意匠制度などの様々な制度が存在します。
    弁理士と意匠技術スタッフがチームとして対応することで、これらの中から費用対効果の高い最適な出願方法を見つけ出し、ご提案します。

    意匠登録出願のすべてがスムーズに登録になるわけではありません。
    審査では、既存のデザインに類似しているといった理由や、既存のデザインの組み合わせで創作が容易であるといった理由で、拒絶理由通知が発行されることがあります。

    また、万が一拒絶理由通知書が届いてしまった場合でも、審査官の主張に対し、創作時の困難さや従来の製品と異なる部分について創作・設計者様の視点に立った主張を、法的な主張とからめて行うことができます。

    意匠法の視点だけではなく、創作過程の工夫や、デザインの考え方の違い、デザインから受ける印象の違いを含める説明や主張を展開することで、意匠登録の成功確率が格段に上がります。

    デザインの特徴に合わせた最適な意匠図面を作成します!

    意匠図面は、「ただ製品の形状を正確に描けばいい」ということはありません。
    その商品の意匠(デザイン)の特徴をとらえつつも、特許庁が定める様式に則り、かつ不要な情報は書き込み過ぎないことが大切です。

    弊所ではお客様の意匠にあわせて、登録可能性を高めるための情報は盛り込みつつ、不要な情報によって権利範囲を狭めすぎないようにバランスを考慮して意匠図面を作成いたします。

    例えば、意匠図面は、「写真」「図面」「CG」の3つの表現方法が認められていますが、どの方法を取れば特徴を最もよく表現できるかは、お客様の製品によって異なります。

    六面図や斜視図だけではお客様の意匠の特徴を表現できない場合には、断面図を作成したり、立体形状を示す線を入れたり、あるいは「図面」と「写真」、「図面」と「CG」など複数の表現方法を取り入れたりして、お客様の意匠の特徴をわかりやすく表現するよう努めています。

    製造時や設計時の3Dデータや図面、または実際の製品のサンプルのいずれかをご提供いただければ、弊所にて意匠登録出願用の図面を作成いたします。

    お客様の予算や事業方針を考慮した出願プランを複数ご提案します!

    意匠登録の出願方法は一つではありません。
    権利範囲を広くとることを重視される場合には、関連意匠制度というものを利用して1つのコンセプトのもとに創作された複数の類似する意匠を出願・登録することで、他社参入のハードルをより高めることができます。

    しかし、複数の意匠登録をするとその分、出願費用や特許庁印紙代がかかります。
    維持費も意匠権ごとに納付する必要があります。

    弊所では、お客様自身が、予算や事業方針を考慮して最適なプランを納得して選べるように、疑問やご要望に丁寧にお応えします。
    そのため、お客様のご予算や、類似品に対してどこまで対応するかなどの方針をお聞きし、お客様の事業にあわせて複数の出願プランをご提案しております。

    しかも、出願プランのご提案は、無料です!

    もちろん、それぞれのプランで保護できる可能性が高い範囲やリスクなどもご説明いたします。

    お問い合せ

     

    料金体系

    出願費用
    出願手数料 88,000
    印紙代 16,000円
    拒絶理由通知応答費用
    手続補正書・意見書 55,000~110,000円
    登録料納付
    成功報酬 38,500
    印紙代(1年分) 8,500円
    権利取得(出願~登録料納付)までの総費用目安
      151,000円~

    (消費税込み)

    • ※拒絶理由通知応答費用は内容に応じて55,000~110,000円(消費税込み)の範囲で変動します。なお、拒絶理由通知がない場合、費用は発生しません。

    お問い合せ

     

    意匠権を取得するまでの手続きの流れ

    お問い合せフォームまたはお電話にてお問い合わせください。
    専門スタッフよりご連絡いたします。
    無料相談
    意匠の内容、その意匠の事業における位置付けについて、ヒアリングし、意見交換します。
    正式ご依頼
    正式にご依頼いただける場合には、出願費用をご入金いただきます。
    ご入金
    ご入金が確認できましたら、出願書類の準備に取り掛かります。
    出願書類準備
    意匠登録出願に必要な各書類のドラフトを作成します。ドラフトを基にお客様と話し合いながら、出願書類を仕上げます。
    意匠登録出願
    特許庁に出願書類を提出します。
    最初に結果が通知されるまで8~10カ月ほどかかります。
    拒絶理由通知に対する意見書・補正書提出
    特許庁からの拒絶理由通知に対して、出願人は、意見を述べたり、出願書類を補正したりします。
    登録査定、拒絶査定、登録料納付
    拒絶理由が解消したと判断されれば、登録査定が発行され、登録料を納付することにより、意匠権が発生します。
    拒絶理由が解消していないと判断されれば、拒絶査定が発行されます。

     

    お問い合せ

     

    Q&A

    意匠登録を検討されている品物のデザインがわかる資料をご用意ください。
    (例:商品の図面や写真、商品のパンフレットなど)

    最初に公開してから1年未満であれば、「新規性喪失の例外の適用」という手続きを受けることで、意匠登録を目指すことは可能です。
    まずは、お問い合わせいただく際にデザインを公開済みである旨をお知らせください。

    拒絶理由通知の内容に応じて、適切な書類を提出する必要があります。
    特に審査官の意見に対して反論を述べる意見書の作成は、経験のない方には難しい書類です。拒絶理由通知の対応に失敗すると登録ができなくなりますので、我々のような専門家(弁理士)に依頼することをお勧めいたします。
    また、拒絶理由対応は、55,000~110,000円(消費税込み)以内で対応致します。

    はい。個人の方からも沢山のご依頼を頂いております。

    はい、全国対応しておりますので問題ございません。
    メールや電話にて十分な打ち合わせが可能です。

    出願される場合は費用をお支払いいただき、出願業務を行います。
    およそ8~10ヶ月後、特許庁より登録可否の連絡がきます。
    拒絶理由通知が来た場合は中間対応を行います。
    無事に登録可の査定が来た場合には、登録料を支払います。
    登録料を支払うことで、意匠登録が完了します。
    意匠登録完了後に意匠登録証が発行されますので、これをお客様宛てに郵送いたします。

    意匠登録は、出願から最大25年までは何度でも更新することが可能です。

    欧米、中国など、世界各国への意匠登録も承っております。
    外国への出願についても、お気軽にお問い合わせください。
    外国での意匠登録について詳しくはこちらをご覧ください。

     

     


お問い合せ