1. トップ
  2. ブログ
  3. ●審査の質、ユーザーの評価が向上(特許庁) | みなとみらい特許事務所
  • ●審査の質、ユーザーの評価が向上(特許庁)

    2021.1.29カテゴリー: ブログ

    ※「経営資料センター特許事務所だより」より抜粋して紹介しております。

    特許庁は、審査の質の現状や審査に対するユーザーの声を把握し、
    今後の品質管理施策に反映させるため、
    特許・意匠・商標の審査の質についてのユーザーの評価を調査しました。
    https://www.jpo.go.jp/resources/report/user/online_survey.html

    【特許】
    ・国内出願の審査全般の質に対する「普通」以上の評価(5段階評価の3以上)は97.3%
     (前年度比3.6ポイント増)。
    ・国際特許(PCT)出願の国際調査等全般の質に対する「普通」以上の評価は97.2%
     (前年度比0.2ポイント減)。
    ・重点的に取り組んできた
     「判断の均質性」に対する「普通」以上の評価は86.2%
     (前年度比0.5ポイント増)
     「第29条第2項(進歩性)の運用」に対する「普通」以上の評価は88.3%
     (前年度比0.1ポイント増)。

    【意匠】
    ・意匠審査全般の質に対する「普通」以上の評価は96.5%
    (前年度比1.4ポイント増)。
    ・ハーグ協定のジュネーブ改正協定に基づく国際意匠登録出願に対す
     る審査全般の質に対する「普通」以上の評価は95.2%
     (前年度比1.5ポイント減)。

    【商標】
    ・商標審査全般の質に対する「普通」以上の評価は91.3%
     (前年度比1.1ポイント増)。
    ・重点的に取り組んできた「識別性の判断」、「審査官間の均質性」に
     対する肯定的評価はそれぞれ、44.0%(前年度比9.2ポイント増)、
     37.3%(前年度比10ポイント増)。

     


お問い合せ